男子ごはんで黒蜜de独楽豆腐(こまどうふ)が紹介されました!

佐賀県三瀬のふもと赤鶏中抜き 1羽 約1.6kg【ローストチキン用】
佐賀県三瀬のふもと赤鶏中抜き 1羽 約1.6kg【ローストチキン用】
佐賀県三瀬のふもと赤鶏中抜き 1羽 約1.6kg【ローストチキン用】
佐賀県三瀬のふもと赤鶏中抜き 1羽 約1.6kg【ローストチキン用】
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 佐賀県三瀬のふもと赤鶏中抜き 1羽 約1.6kg【ローストチキン用】
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 佐賀県三瀬のふもと赤鶏中抜き 1羽 約1.6kg【ローストチキン用】
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 佐賀県三瀬のふもと赤鶏中抜き 1羽 約1.6kg【ローストチキン用】
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 佐賀県三瀬のふもと赤鶏中抜き 1羽 約1.6kg【ローストチキン用】

佐賀県三瀬のふもと赤鶏中抜き 1羽 約1.6kg【ローストチキン用】

通常価格
¥3,220
販売価格
¥3,220
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

商品の特長

アウトドアやホームパーティの食卓を飾る主役は何と言ってもローストチキン!

アウトドアやクリスマスパーティの食卓を飾る主役は何と言っても【ローストチキン】が人気No.1です。
丸鶏がドドーンとあるだけで食卓を盛り上げてくれます。綺麗に処理されているため、お腹の中にニンニクや玉ねぎ、ジャガイモなどを詰め込んで焼くと、皮はパリパリで中には旨味でしっとりジューシーに仕上がります。
また、冷凍ピラフや冷凍パスタを詰めるなどアレンジ次第で楽しみ倍増します。

「やわらかく、きめ細かい肉質」豊かな自然が育んだ健やかな赤鶏だから美味しい!

九州が誇るブランド鶏。それが、ふもと赤鶏。ふもと赤鶏は、「赤鶏系銘柄鶏」に属する鶏。この鶏種は、国内でたったの 約1.5%しかいません。大変貴重で、こだわりが詰まった鶏なのです。(一般ブロイラー 約49.5%/プロイラー系銘柄鶏 約48%/地鶏 約1%)
フランス系譜の赤鶏で佐賀県の主に山間部でのびのび飼育され。鶏肉の風味を決めると言われてる飼料には焙煎大豆やアルファルファ(緑餌)などを使っています。だからやわらかく、きめ細かい肉質でクセのない風味が特徴です。

ローストチキンを作ってみよう!

【用意するもの】
丸鶏中抜き、お好みの野菜(じゃがいも、人参、玉ねぎ、マッシュルーム、エリンギ、ニンニク、パプリカな)、 調味料(オリーブオイル、醤油、酒、はちみつ、おろしにんにく、おろし生姜、塩コショウ)
①鶏肉の表面をフォークでまんべんなく刺し、塩コショウを刷り込む。お腹にも塩コショウを振り、30分なじませる。
②醤油大さじ3、酒大さじ1、はちみつ大さじ1、おろしにんにく大さじ1、おろし生姜大さじ1/2をビニール袋に入れて混ぜます。丸鶏を袋に入れて空気を軽く抜いて、口を塞いでモミモミして30分放置します。オーブンを200℃にセットします。
③お腹にお好みの野菜を詰め込み、※冷凍ピラフや冷凍パスタなどをお腹に詰めても美味しいです。
④竹串でお尻を封鎖ます。
⑤天板にオリーブオイルを塗り、鶏全体にもオリーブオイルを塗ります。天板に残った野菜を載せて、200℃になったオーブンで60分間焼きます。途中で、天板に溜まった汁を鶏の表面にかけると照りが出て、更に美味しくなります。
⑥お腹あたりに竹串を刺してみて熱かったら出来上がり。※オーブンや具材の状態で仕上がり時間は前後します。透明の汁が出たら、串をお腹の野菜に刺してみて固さを調整してください。
※ピーマンやパプリカなど彩り野菜は最初から焼くと、クタクタになるので、残り5分位で一緒に焼くと綺麗に発色します。



商品名 ローストチキン用【佐賀県三瀬のふもと赤鶏中抜き 1羽】
商品サイズ 26.5cm×18.5cm×14cm  60サイズ 箱
総重量 1,800g
原材料 鶏肉
内容量 1.6kg
保存方法 -18℃以下で保存してください。
賞味期限 製造日より冷凍 240日(配送日数含む)
凍結直前加熱の有無 加熱してありません。
加熱調理の必要性 加熱してお召し上がりください。
加工者 株式会社ヨコオ 厳木工場 佐賀県唐津市厳木町中島845-4
製造者 独楽 福岡県鞍手郡鞍手町新北1065-1
配送方法 冷凍
アレルギー 大豆、小麦
注意事項 冷凍商品と冷蔵商品を同梱する場合は冷蔵でお送りします。